あなたも認定を受けて活躍しませんか

アレルギーで悩む子どもやご家族の大きな支えとなる「食物アレルギーマイスター」。
アレルギー大学で専門知識と技術を習得したうえで実践報告を行い、認定委員会の審査に合格した方が資格取得できます。
(厚生労働省資格ではありません)

食物アレルギーマイスターを目指す方へ

 
詳細はこちら–>食物アレルギーマイスターを目指す方へ

食物アレルギーマイスターに期待すること・求めること

常にアレルギー関する最新の情報収集や知識の習得に務めるとともに、地域や職場において、医療機関や自治体などと連携し、アレルギー疾患を持つ患者家族のQOLの向上のための社会貢献活動が期待されています。

具体的な活動例

地域の「アレルギーの会(患者会)」の活動支援・設立支援、患者会や患者家族と自治体の関連部署との橋渡し役(コーディネーター)、地域診療機関と連携するコーディネーターなどの役割を担い、活動していただきます。