*

過敏性腸症候群と機能性消化不良は食物アレルギーによるものか?系統的レビュー/Is there a role of food allergy in irritable bowel syndrome and functional dyspepsia? A systematic review.

Author:M-I. PARK & M. CAMILLERI
Title:Is there a role of food allergy in irritable bowel syndrome and functional dyspepsia? A systematic review
Citation:Neurogastroenterol Motil (2006) 18, 595–607
URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/ 16918724
Abstract:A significant proportion of adults believe they suffer from food allergy, and 20–65% of patients with irritable bowel syndrome (IBS) attribute their symptoms to something in food that activates an abnormal response. This systematic review evaluates the role of food allergy in aetiology and management of these disorders. Activation of gastrointestinal mucosal immune system may be one of the causative factors in the pathogenesis of functional dyspepsia and IBS. This activation may result from effects of bac- terial infection or other luminal factors including commensal microbial flora and food antigens. Some studies have reported on the role of food allergy in IBS; only one epidemiological study on functional dyspep- sia and food allergy has been published. The mech- anism by which food activates mucosal immune system is uncertain, but food specific IgE and IgG4 appeared to mediate the hypersensitivity reaction in a subgroup of IBS patients. Exclusion diets based on skin prick test, RAST for IgE or IgG4, hypoallergic diet and clinical trials with oral disodium cromoglycate have been conducted, and some success has been reported in a subset of IBS patients. Further well- controlled studies are needed to establish whether food allergy plays a role in the pathophysiology of functional dyspepsia and IBS.
邦文タイトル:過敏性腸症候群と機能性消化不良は食物アレルギーによるものか?系統的レビュー
一般向け要約自分は食物アレルギーになっているとかなりの割合の成人が信じており、成人の過敏性腸疾患(IBS) の中の20-65%は何か特定の食品を食べる事により病的な反応が認められる。この系統的レビューの目的はこれらの疾患の原因における食物アレルギーの影響及び、これらの疾患の管理方法を評価することである。胃腸の粘膜の免疫システムの活性化は機能的消化不良とIBSの原因因子の1つであろう。この活性化は腸内細菌と食物抗体の影響に起因している可能性がある。いくつかの研究でIBS中の食物アレルギーの役割の報告がされていた;機能的消化不良と食物アレルギーについては1つだけ疫学研究が発表されていた。食物による粘膜免疫機構の活性化機能は明らかになっていないが、食物特異的IgEとIgG4はIBS患者のサブグループで過敏反応に関係している明らかになっている。スキンプリックテスト、-IgEやIgG4に基づく除去食、低アレルゲン食そして経口クロモグリク酸ジナトリウムを用いた臨床研究がある種のIBS患者に実施され功が報告されている。さらなる研究が食物アレルギーが機能性消化不良とIBSの病態生理学における役割を果たしているか証明するために必要とされている。
専門医コメント過敏性腸症候群や機能性消化不良の患者さんは食物アレルギーと混同されることがあります。
逆に食物アレルギーと正確に診断されていない患者さんも含めて、様々な検査や除去・負荷による正確な診断が求められます。