*

最初にお読みください/ Read me first

食物アレルギーに関する臨床医学論文リスト(FACE)は、食物アレルギーに関してこれまでに報告された論文をまとめたものです。医療者や研究者のような専門家だけではなく、患者さんを含めた一般の方にも閲覧していただくことを目的に作成されています。

The Food Allergy Clinical Evidence (FACE) database is a compendium of published medical literature on food allergies. The database was created not only for experts such as health care professionals and researchers, but also for patients and the general public.


食物アレルギーの研究は患者さんのために
―Food allergy research for patients—

食物アレルギーに関する医学研究は世界中で行われています。医学研究には大きく分けて、細胞の働きや動物実験などの基礎研究、病気の実態調査や治療法の検討などの臨床研究の2種類があります。いずれも患者さんやそうなる可能性のある方に役立てようと行われるものです。すなわち研究は、医療者だけでなく一般の方に還元されるために行われるものです。しかし、一般の方が直接その成果を知る機会はほとんどありません。マスメディア等で取り上げられたとしても、事実が歪曲されたり一部誇張して伝えられたりすることもあります。そこでFACEは、一般の方にも食物アレルギー研究の成果である医学論文を直接ご覧いただくために作成されました。もちろん専門家の方々にもご覧いただいて、明日からの診療・研究等のお役に立てていただければと考えています。

Medical research on food allergies is currently being conducted on a global scale, and can be broadly classified into basic research including animal experiments and studies on cellular functions, and clinical research including morbidity surveys and therapeutic studies. All of this research is intended to provide useful information for patients and potential patients. In other words, research is being conducted for use not only by health care professionals, but also members of the general public. However, there are very few opportunities for the general public to directly realize the results of this research. Even when reported by the mass media, medical research is often described in a way that distorts or partially exaggerates the facts. The FACE database was therefore created to allow members of the general public to directly access the results of food allergy research in the form of medical literature. Needless to say, the database is also available to experts, who we hope will apply the information to current medical treatment and research.


エビデンスレベルの高い医学論文を
—Medical literature based on a high level of evidence—

医学研究のうち臨床研究は、医療者が行う日々の医療に直接影響を及ぼし、また一般の方にとってもその結果が比較的理解しやすいものです。そこでFACEに掲載する論文は臨床研究の論文としました。現時点では、このうちエビデンスレベル*が高いとされる系統的レビュー(システマティックレビュー)に焦点を当てて、別途定める検索方法によって見つかった論文をすべて掲載しています。
*臨床研究は、研究デザイン(研究の実施方法)によってその結果のエビデンスレベル(真実により近い結果と評価されるレベル)が決まっています。このレベルが最も高いとされている系統的レビューは、過去に報告された臨床研究を余すところなく集めて、総合的に評価したものです。いろいろな研究のかたより(たとえば年齢が低い患者だけの研究とか専門施設だけの研究とか)を極力減らした結果が得られるため、もっとも真実を反映した結果に近いとされています。

Clinical research is the branch of medical research that directly impacts the routine treatments provided by health care professionals, and the findings of clinical research are also relatively comprehensible to members of the general public. The FACE database therefore contains literature based on clinical research. The database currently focuses on systematic reviews with a high level of evidence*, and provides access to the entire contents of articles that are searched according to a search method described elsewhere.
* The evidence level of clinical research findings (i.e., the degree to which the research findings are assessed as factual) is determined according to the research design (i.e., the method by which the research is conducted). Systematic reviews, which have the highest level of evidence, comprehensively evaluate all of the previous clinical research on a particular topic. These reviews are believed to contain the most factually reliable findings because they minimize various research biases (e.g., research that only targets young patients or specialized medical facilities).


論文を参照する際の注意事項
Points to note when accessing medical literature

  • FACEは論文そのもの内容を記したものです。実際の診療では、これらを基にして病気の重症度やその時の体調、医療事情、社会環境など患者さんを取り巻く状況に大きく左右されながら行われます。したがって、必ずしも論文の主張に従った治療がよいとは限りません。あくまでも論文の内容は診療する上で参考となるものとお考えください。
  • FACEに掲載されている論文は、最終更新日までに検索されたものです。このため、その後に報告された論文は掲載されていません。医学の分野では日々新しい事実が判明していますので、皆さんが診療をしたり診療を受けたりする際には、最新の論文も参照されるようにお願いします。
  • FACEでは多くの方が理解しやすいように、内容の一部が変更されたり省略されたりしていることをご了承ください。正確な内容については、論文そのものを自分自身で読んで(あるいは専門家に読んでもらって)確認いただきますようにお願いいたします。
  • The FACE database provides the unedited contents of medical literature. How these findings are applied to actual medical treatment is largely determined by the patient’s circumstances, including the severity of the disease, the patient’s condition, medical circumstances and social environmental factors. As such, the treatments or therapies described in these articles are not necessarily beneficial to all patients. Therefore, the contents of the literature should only be considered as a reference.
  • The articles listed on FACE are current up to the most recent database update, so any literature published after this date will not be listed. New discoveries in the field of medicine are occurring every day so we ask our database users to refer to the most up-to-date literature when providing or receiving medical treatment. Also note that some of the articles on the database cannot be published in their entirety due to copyright issues.

最後にFACE作成者からの3つのお願い

  1. 患者さんも、論文と向き合う(FACE)ようにしましょう。
  2. 医療者は、臨床現場では必ず患者さんを診て(FACE)診療しましょう。
  3. あくまでも論文結果は真実の一面(FACE)にしか過ぎないことを忘れないでください。

In closing, we have three requests for users of the FACE database:

  1. To patients: We encourage you to access and “face” the available medical literature.
  2. To health care professionals: We encourage you to “face” your patients when providing medical treatment in clinical settings.
  3. And don’t forget that the findings of medical literature simply represent one “face” of the truth.

利用者の皆様からのご意見、ご提案をお問い合わせフォームにて受け付けております。お気づきの点がございましたら、ぜひお寄せください。(個別の治療や診療行為についての質問等は受け付けておりませんのでご了承ください。)
→ お問い合わせ

Please use the query form to send us any comments or suggestions that you may have. We look forward to receiving your feedback. Please note, however, that we cannot respond to questions on individual treatment or therapy.
→ Contact Us

作成者

作成責任者 

二村昌樹(国立病院機構 名古屋医療センター 小児科)
Masaki Futamura

作成協力者(五十音順) 

小野学 (あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Manabu Ono
酒井一徳(あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Kazunori Sakai
崎原徹裕(あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Tetsuhiro Sakihara
杉浦至郎(あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Shiro Sugiura
田上和憲(あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Kazunori Tagami
田島巌 (あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Iwao Tajima
エリザベス ドニー(Centre of Evidence Based Dermatology, University of Nottingham)
Elizabeth Donney
遠山優子(認定NPO法人 アレルギー支援ネットワーク)
Yuko Toyama
花田優 (国立病院機構 名古屋医療センター 小児科)
Yu Hanada
林直史 (あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Naohumi Hayashi
中川朋子(あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Tomoko Nakagawa

監修

伊藤浩明(あいち小児保健医療総合センター アレルギー科)
Komei Ito

 

本研究はJSPS科研費 25860897 の助成を受けたものです。
This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 25860897.