2019年度 第14期アレルギー大学のお申込み受付を開始いたしました!

昨年度大きくリニューアルしたアレルギー大学は、大変たくさんのお申し込みをいただき、実習日程を増やすなど好評のうちに無事終了を迎えることができました。
そして2019年度第14期アレルギー大学も新規講座を設け、さらにパワーアップして開催いたします!
詳しくは「講座・担当講師について」をご覧ください。

 
忙しい方にも負担をなるべく少なく、アレルギーの知識を習得していただくために、1日で各レベルの講座が修了できるようになりました。実習も、それぞれの専門職に必要な知識、技術が習得できる内容となっており、受講生同士の交流やディスカッションを通じて、異分野の専門職と患者家族とがお互いの立場を理解することで食物アレルギーについての考えを深め合うことができる場ともなっております。
また、愛知県、千葉県、岐阜県、三重県、新潟県、静岡県、沖縄県においては、ベーシックプログラム(1 日講座)も予定しております。
 
平成29年3月21日に、「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針」が策定され、アレルギー疾患対策を推進するため、とりわけ保健師、助産師、栄養士、調理師、保育士、教職員など現場の専門職の人々に求められる役割は、昨今ますます高まっています。
 
アレルギー疾患のある子どもたちが園や学校の中で皆と一緒に給食を食べ、授業を受け、行事に参加できることが当たり前の社会になることを私どもは願っております。
 
皆さまからのお申し込みをお待ちしております。
お申し込みはホームページ上の、「アレルギー大学お申込フォーム」よりお申込みください。