食物アレルギーの診断

問診

 
「何を」、「どれだけ」摂取したのか、「摂取してから発症までの時間」、「どんな症状が出たのか」、「症状の持続時間」などを把握することが大切です。
 
 問診は、食物アレルギーを診断する上での基本となります。摂取した食品の種類や量、摂取してから症状出現までの時間、症状の様子などを専門医が確認すれば、食物アレルギーによる症状かどうか、大部分は予測をつけることができます。
 
 

血液検査

 IgE抗体があるかどうかを調べます。食物アレルギーの診断は血液検査だけでは決められないため、治療方針については主治医とよく相談し、必要に応じて食物経口負荷試験を行います。
 
 血液によるアレルギー検査では、主にIgE抗体があるかどうかを調べます。病院によって検査法が多少異なることがありますが、結果は0~6といった抗体価(クラス)で示されます。クラスが高いほど、抗体がたくさんあることを示しています。
 抗体価の高さと症状の強さは、一致するとは限りません。例えば、卵白がクラス4でもゆで卵を食べられる人がいます。一方、クラス2でもアナフィラキシーを起こす人がひます。また、食物の除去をしても抗体価が下がるとは限りません。
 抗体の数値だけにとらわれずに、食物除去が必要かどうかを判断するためには食物経口負荷試験が必要です。
 
 

皮膚プリックテスト

 これもIgE抗体を持っているかどうかを調べるための皮膚テストです。短時間で結果がわかります。
 
 アレルゲンの試薬を皮膚に1滴のせて、専用の針で皮膚に小さな傷をつけます。15分後に判定をして、蚊に刺されたように赤く腫れていれば陽性です。陽性の場合、当該アレルゲンに対するIgE抗体を持っていると判断されます。スクラッチテストも、ほぼ同じ検査です。
 手軽に行うことができ、その場で結果が分かるという利点がありますが、アレルギーの強い人の場合、全身に反応が起きる危険がありますので注意が必要です。
 
 

食物経口負荷試験

 実際に食べてみて症状を観察する試験で、食物アレルギーの最も確実な診断方法です。
 
 実際にアレルゲンを摂取して症状を観察する方法です。原始的な手段ですが、食物アレルギーの診断でこれに勝るものはありません。
 テストのやり方は、病院によって様々です。少量から始めて、15-30分毎に量を増やしながら繰り返し食べていく方法が標準的です。例えば、あいち小児保健医療総合センターでは次のような方法を取っています。
fukazouryo.
 最後に食べる量や摂取する間隔は、年齢や予想される症状の重さによって変更されます。
 
 食物経口負荷試験は、下のように色々な目的で行われます。
・食物アレルギーの診断を確定する
 複数の食品を食べた後に症状が出たため、何が原因アレルゲンかをつきとめる
 除去試験で湿疹の原因と疑われる食物が、本当に湿疹を悪化させるかを確かめる
 IgE抗体価が上がっていて食べたことのない食物について摂取できるか確認する
・食物アレルギーが治ったかどうかを判断する(耐性獲得の診断)
・症状誘発のリスクを評価する
 安全に摂取できる量を決定する
 入園・入学などに際しての安全管理の指標とする
 
 食物経口負荷試験は、症状が出たときの緊急処置ができる準備を整えて行うことが必要です。このため、一定の条件を満たす医療機関でのみで保険診療として負荷試験を実施することが可能です。