2019年07月31日

6、8/21(水)  夏休み・親子アレルギー勉強会「お守りリュック作り」/メールマガジン150号

夏休み・親子アレルギー勉強会を開催いたします!
今年はアレルギーっ子の災害対策がテーマで、「お守りリュック作り」を行います。

日時:2019年8月21日(水)10:00〜12:00
場所:南生協病院フィットネスセンター3階会議室
対象:小学生・中学生とその保護者
人数:10家族(食物アレルギーの兄弟、姉妹参加可能)
参加費:無料
担当:南生協病院 小児科医師:増田進
    南生協病院 栄養士:間崎恵
わかば薬局グループ 株式会社ファルマネットみなみ 加藤考一
アレルギー支援ネットワーク 中西、仲

内容:1 災害時に必要な物を知ろう!
     災害時に必要な物を(模造品で)そろえてお守りリュックを作ろう。
    2  ミニアレルギー表示教室とアレルギー対応の備蓄の試食
3  常備薬の備蓄、保存
4  医師より災害の備えについて

お申し込み:info@alle-net.com
       件名に、「8/21 南生協病院・親子勉強会」
       保護者のお名前 、参加するこどものお名前と学年 、携帯電話番号

チラシはこちら


5、ひやりはっと事例アンケートご協力のお願い/メールマガジン150号

食物アレルギーをお持ちの方が、食べたり触ったり、吸い込んだりして、アレルギー症状が出現することがあります。
こういった事例が発生した原因を解析することで、発症の予防策に役立ちます。また、事例が発症した時の対処法と、その後の転帰(経過)を知ることで、実際に事例が発症した際に落ち着いて行動ができるようになります。

アンケート収集の目的は、食物アレルギー患者にかかわる様々な職種の方に誤食予防対策と誤食発生時の対処法について学ぶためのテキストを作成することです。実際に起こった事例を収集して、小児アレルギー専門医が事例をひとつずつ検証し、1冊の冊子にまとめます。この事業は、消費者庁消費者政策調査費により実施されており、NPO法人アレルギー支援ネットワークが協力して毎年行っております。
また、こうして出来上がったテキストは、藤田医科大学総合アレルギーセンターのホームページおよびアレルギー支援ネットワークのホームページから無料でダウンロード可能です。

ぜひ、アンケートにご協力ください!

食物アレルギーひやりはっと事例集とアンケート調査
http://www.fujita-hu.ac.jp/general-allergy-center/activity/

4、賛助会員さんのご紹介 ★新宿駅前クリニック★/メールマガジン150号

当院は、新宿西口1分、南口2分のオフィス街にあるクリニックです。皮膚科、内科、泌尿器科、アレルギー科を標榜しております。主に、新宿駅周辺で働いている20代から40代前後の方を診療しております。

アレルギー疾患を専門的に診療しているわけでなく、スギやヒノキなどの花粉症や、ダニやハウスダストなどの通年性アレルギーの飲み薬や目薬、鼻スプレーなどを処方している程度のコンビニエンスなクリニックではあります。アレルギー検査など専門的、特殊な検査や治療はおこなっておりません。

当院では解決できないアレルギー疾患や症状が多々あります。アレルギーの問題への取り組みに賛同し、社会貢献の一環として、微力ながら賛助会員になりました。よろしくお願いいたします。

新宿駅前クリニック公式ホームページ
https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/


3、賛助会員さんからのメッセージ ★「安心米シリーズ 全商品が特定原材料等27品目が不使用になりました!」 アルファー食品株式会社★/メールマガジン150号

日頃よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、非常食用アルファ化米(安心米)のリニューアルを実施させていただき、洋食・おこげスナックシリーズでも特定原材料等27品目不使用商品のご用意致しました。
それぞれの商品につきまして以下にご説明させていただきます。

★安心米シリーズ 詳しくはこちら

★安心米9食セット〜コンパクトになりリニューアル〜 詳しくはこちら

★おこげスナックシリーズ〜お菓子としての備蓄に最適!〜 詳しくはこちら


アルファー食品株式会社公式ホームページ
http://www.alpha-come.co.jp/index.html

2、毎年大好評『アレルギー大学 ベーシックプログラム』申込受付中!!/メールマガジン150号

アレルギー大学のエッセンスを詰め込んだ一日集中講座
「ベーシックプログラム」開催は残り3会場となっております。
岐阜県と三重県は大好評のうちに終了しました。
ご参加くださった皆様ありがとうございましたd(≧▽≦)

愛知会場は、申し訳ありませんが定員に達したため受付終了となりました。
500名の定員があっという間に埋まってしまい、ビックリです
そんな人気の講座ですが、静岡県と新潟県はまだ空きがございます♪

受講生にはもれなく、アレルギー大学のテキストが付いてきますヾ(≧∇≦*)/

一日でアレルギーの基礎が学べる上にテキスト付きというお得な講座となっております。

受講を検討している方は、本当にお早めにお申し込みください!!

【開催日/会場】
受付終了:愛知県 10月13日(日)/名古屋短期大学
申込受付中:静岡県 11月4日(月・祝)/静岡県産業経済会館
申込受付中:新潟県 11月10日(日)/新潟大学

詳細はチラシをご覧ください。皆さまからのお申込、お待ちしております♪

★「詳細チラシ」および「お申し込み」はこちら


2019年07月30日

1、11/17アレルギー大学 記念講演内容決定!アレルギー大学を受講したことのある方必見!  今話題の「舌下免疫療法」についても学べる一日集中講座/メールマガジン150号

アレルギー大学を受講したことのある方は、誰でも受講できる
アレルギー大学「記念講演・研究実践報告」の内容が少しずつ決まってきました。

今年も皆様にアレルギーの最近情報を手に入れていただきたいと思い
「舌下免疫療法はなぜ必要か?」というテーマで藤田医科大学小児科の近藤康人先生に
ご講義いただくことが決定しましたO(≧▽≦)O

先生から頂いた抄録をご紹介します♪

「舌下免疫療法はなぜ必要か?」
アレルギー性鼻炎は増加傾向であり低年齢化している。
京都で行われたアンケート調査によると10年間で疾患重症度も
増悪していることが示された。従来、治療には抗ヒスタミン薬および
鼻噴霧ステロイド薬を中心とする対症療法がおこなわれてきたが、
こうした療法のみでは根治は期待できない。
また長期化させてしまうことで様々な問題を生じうる。
そんな中、アレルゲン免疫療法は唯一根治を期待できる
治療法として注目されており、
早期に開始することの利点についてわかりやすく解説する。

どうです?とっても興味深い内容ですよね。
さらに、宇理須厚雄先生によるご講義や食物アレルギーマイスターの活動報告や
アレルギー大学上級修了生による研究実践報告等もあります。

ベーシックプログラムを受講していただいた方も受講できますよ(^▽゚*)♪
申込番号:14005
開催日:11/17(日)9:30-16:30
会場:名古屋工業大学 4号館 大ホール

「記念講演・研究実践報告」ならではの情報が満載となっておりますので、
興味がおありの方は、是非お申し込みください。

お申込みはこちら


皆様からのお申込み、お待ちしております\(^▽^*)

2019年05月29日

9、手帳「アレルギーっこのお食事メモリー」アンケート ご協力のお願い!/メールマガジン149号

アレルギー支援ネットワークでは、公益社団法人ニッポンハム食の未来財団による「平成30年度第二期団体活動支援助成事業」の助成金により、手帳「アレルギーっこのお食事メモリー」を作成し、医療機関、イベントなどで2019年3月より無償配布をさせていただきました。

手帳を使用した皆さまから率直なご意見をいただき、よりよい手帳作りの参考にさせていただきたいと考えておりますので、アンケートにご協力をお願い致します。

下記のアンケートフォームより2019年6月30日までにご回答をいただけると幸いです。

手帳のアンケートフォーム
・詳細は
http://alle-net.com/allergy/book-dl/


8、《予告》8/21(水)  夏休み・親子アレルギー勉強会「お守りリュック作り」/メールマガジン149号

夏休み・親子アレルギー勉強会を開催いたします!
今年はアレルギーっ子の災害対策がテーマで、「お守りリュック作り」を行います。

日時:2019年8月21日(水)10:00〜12:00
場所:南生協病院フィットネスセンター3階会議室 (予定)

詳細は支援ネットホームページにて順次掲載させていただきます。
夏休みに家族で災害対策について学ぶきっかけにしてください!

7、名古屋市ぜんそく教室(小学生対象および1-6才対象)ご案内/メールマガジン149号

名古屋市では、無料で「ぜん息教室を」行っています。

親子ぜん息教室は、2019.9.15(日)と2019.12.7(土) の2回講座
http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000067200.html

チラシはこちら

小学生ぜん息教室は、
2019.8.25(日)・2019.10.27(日)・2020.1.26(日) の3回講座
http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000067338.html

チラシはこちら

小学生は親と離れてのデイキャンプの体験もできますし、親からの自立を促す最適の機会になります。

講師は、ばんたね病院の医師、小児アレルギーエデュケーター(PAE)の 看護師・薬剤師・栄養士、
その他、YMCAのキャンプリーダーさんや支援ネットも参加し、楽しく学べる機会です。

申し込み締め切りは、6/28です。
名古屋市内在住であれば どなたでも参加申し込みできますので皆様のご参加をお待ちしております。

6、東海アレルギー連絡会 2019年度総会&交流会 (7/14(日)) のお知らせ/メールマガジン149号

東海地域には、約40のアレルギーの(親の)会があり、それぞれの市町で、交流会や勉強会などの活動をしています。
そのうち約30の団体で東海アレルギー連絡会を組織し、年に3-4回集まって顔の見える関係づくりをしています。

アレルギー支援ネットワークは、その事務局を担っています。東海アレルギー連絡会に所属している会の方で興味関心のある方は、どなたでも何人でも参加できます。患者会のない地域の方は、個人の参加でも大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしています。

日時:2019年7月14日(日)13:30-16:00
場所:名古屋市 中村生涯学習センター 第1集会室
内容:1. 2019年度 総会
2. 園・学校における給食のアレルギー対応 (ガイドラインの解説) 
ダニアレルゲン対策
 各地の患者会 交流会

お申込みは・・・東海アレルギー連絡会・事務局(info@alle-net.com)まで。
        東海アレルギー連絡会の事務局は、アレルギー支援ネットワークの中にあります。

チラシはこちら